FC2ブログ

第4話 就職

首里に越して約2ヶ月、こうして就職した私は、初めてリモートワークなるものを経験しました。まだ、コロナのコの字もない時です。
会社から支給されたパソコンでチャットとネット会議形式の画像で会話をしながら仕事を進めます。「おはようございます。仕事はじめます。」とチャットして出勤モードになり、監視されている状態になります。トイレに行くときもチャットでことわってから席を立ちます。結構、厳しいです。web制作なので、会社のサーバーに指示された作業を指示書とファイル類が用意されておりそのサーバー上で作業します。ところが、1週間ほどすると「手法が古いですね。」と言われてしまい、慌てて、本屋さんに行きHTML5の参考書を買ってきました。読むと、なんとHTML4以前のパーションとはずいぶん考え方が違うのです。スタイルシートもCSS3と新しくなっていてずいぶんとコマンドが増えているのです。
これはいかん。と、何冊かの参考書をなけなしのお金で購入し、読みあさりました。う~む、勉強になりました。ホームページの設計の段階から考え方を変えなければならないのです。あと、SEO対策を考えながら、効果の薄い、tableは使えない。tableを使うとレイアウトが崩れないでとてもよかったんだが、使うとぐっと評価が落ちるんです。ああ、難しい、もっと勉強しないと。でも勉強後は少しは評価が高くなりましたが、それよりも何よりも誰とも会わないで仕事するのは非常に寂しいのです。就職すれば友達とはいかないまでも知り合いができると思っていたのにテレワークではあまり知り合いと言うほどにもならないのです。今はコロナでテレワークが大分普及したようですが、私にはあまり向かないようです。
実力もないし、給料もらって教えてもらうのは何か、申し訳ないような気がして、この会社を辞めました。
たぶん、私の入社はスキルが古くて迷惑だったと思うのに、凄く良心的で働いた倍の給与を振り込んで頂き感謝しています。
という事で、また就職活動です。何件か断られてのこと、求人誌に沖縄のバイオベンチャー企業とある求人を見つけ、電話をしました。バイオベンチャー?
なんだろう。微生物でも扱うのか?・・・・・ではなく、主に沖縄の自然資源を活用した化粧品やら消臭剤やら園芸の植物活性剤やらの開発・製造・販売でした。
電話をした当日に面接して頂きました。感じの良いご夫婦の経営者、奥様が社長で旦那様が会長です。
色々お話して、化学が少し得意なこと、印刷や画像に少し詳しい事、なんでもやってみたくなる好奇心おおせいな事、海が好きな事、家族のこと等、雑談に近い面接でした。そして、なんとその場で採用を決定してくださいました。やったぁ。9月3日から出社という事で了解したのですが、考えてみたら女房が9月3日からこちらに遊びに来る予定でしたので、電話で会社に連絡し9月10日からの出社にして頂けませんでしょうかと言うと、快く「奥様を大切にしてあげてください。」と了解を頂きました。・・・うむ、なかなか話の分かる人たちだなと先行きを安堵いたしました。・・・・・・・つづく
mykantonmen.jpg
このころは自炊を楽しんでいた。私流広東麺の試作です。とてもおいしくできました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント